平文・石

平文 ・ 本金箔石



那智黒石に本金箔をあしらいました。きわめて柔軟な性質で、箔が表面の細かい凹みへと密
着し、石の表情を鮮明に際立たせます。本金箔を全面にあしらったものをはじめ、幾何学的
に切り出した箔を貼り、金と黒地の対比が見せる美しさを持ったもの、あるいは白銀の輝き
に清涼感のあるプラチナ箔を素材としたものなど、作品の展開も多様な広がりを見せます。


全面に本金箔



●にこいち2つで1つのいし

石に本金箔を貼った割札。





■本金箔を貼った那智黒石の様子 ( 正伝寺/京都・西賀茂 )

  平文の石が水甕の中にあります













 ●祇園・お茶屋の中庭に敷き詰めた様子

庭の土面に本金箔石を万遍なく敷くことで、新たな空間の美を演出する実験を行いました

中庭の金箔石





●京都・丸善にての織物画展で  木賊を中央にして 石を敷き詰めた様子

      織物展にて。金箔石
hyomon