奥村克美

— PET アートとの出会い —

私は灯油窯を使い作陶もやっています。

陶芸では焼成の過程が大事なので、ひとたび窯に火を入れると10時間はそばで構えます。  絶えず温度の加減を見て、調節しなければなりません。  長丁場ですから、夏には日中の暑さを見越して、日の出前に火入れを始めます。

昼に差し掛かる頃となると、窯の温度は1000度にも上り、滝のように汗をかくため、飲み干したペットボトルがもう山ほど残ります。  そんなとき手遊びに、空のボトルを落ちていた竹の棒に刺し、煙突から噴き出る熱気にさらしてみると、思いがけない形に膨らんだり縮んだりするではありませんか。  だんだんに面白くなって、何度も熱に近づけては離し、竹の筒を操ってくるくる回す速度を変えよう、今度はちょっと角度に違いを出してみようかと、いろいろ試すようになりました。

それが、PET(ポリエチレン テレフタレート)アートとの出会いです。  試行錯誤を経て、バーナーを使えば更に細かい加工表現ができること、着色し本金箔をあしらえば一つの作品になることも、やがて分かってきました。  これからも変化してゆく、PETアートだと思います。

平文ペットボトルアート平文ペットボトルアート平文ペットボトルアート


制作の一場面 (Youtube) ↓

織とPET展示風景

♣創作についてなどをブログフェイスブックにても紹介しております




—  ゴールド — 
ヴィーナス・金



— posing — 
平文ポージングイメージ



— ヴィーナス 81 — 
ヴィーナス81・ブラック        ヴィーナス81・ホワイト

PETで 彫刻ヴィーナスのスタイリング、 金箔(砂子・截金)にて 日本の美を表現し タイトルに 日本の国際ナンバーの81を付け ヴィーナス81としました。


↑↑↑ 1行目へ↑↑↑ 


— 平文のPETアート・アクセサリー —

ペットボトルをバーナーの熱で縮め、着色し、本金箔を貼ってアクセサリーにしました。
とても軽く、オリジナルな一品です。
ペンダント
   


                                                 ブレスレット
  








          リング



帯留め      

ペットボトルをアートとして生まれ変わらせることができます。
ペットボトルアートはご自身でもお作りいただけます。

↑↑↑ 1行目へ↑↑↑ 


hyomon